logo(2).png
logo.png

現在 2019年9月 

みちのくオートモデラーズ主催で、岩手県に於いてオートモデラーの集いを行う予定で活動しております。

詳細が決まり次第、FBグループ「みちのくオートモデラーズクラブ」や当ブログ等で告知致します。


東北地方在住を中心にカーモデラー&バイクモデラーの交流を目的としたモデルクラブ


coollogo_com-35671056.png


↓詳細及び入会に関してはこちらから下記リンクから↓

みちのくオートモデラーズクラブ

このリンクはFBのグループページに飛びます
入会希望の際はグループ参加要請をしてください



PORSCHEもずいぶん時間が空いてしまいました。
なんと行っても塗装に入った途端に梅雨突入でまともに塗装できず(;´∀`)

擦った揉んだでやっとといった感じです。

[000750]

以前はドアラッチまでやりました。

まずはサフの下吹き。
見えないキズ等をこれで埋めます。
その後、下準備の一つボンネットのピン受け金具。
モールドになっているので、一度切り落とし新たに作り起こします。
プラ板をいつもニコニコ現物合わせでカット。

[000775]

0.5mmプラなので見た目以上に厚いです。
ということで、サンディングで0.3-0.4mm程度に削ります。

[000780]

角を処理した後、ボンネットに貼り付け。
予め開けていたボンピン穴を0.5mmピンバイスで開けた後にプレート固定用の穴を0.3mmで開けます。
ここにインセクトピンを刺すか、そのまま穴を開けた状態で表現するかは検討中。

[000752]

下準備二つ目。
キルスイッチ等の突起は色々と邪魔になるので一旦切除します。

[000708]

グレーサフを下地にフィニッシャーズのCLKシルバーで塗装。
これはCLKシルバーが少し暗めの色合いなので、下地を明るいグレーにすることで丁度良い塩梅の明るさにならんかと試したわけです。

結果・・。

[000711]

色味が気に入らず塗り直し。(ノ∀`)
CLKシルバーの上からガイアのEXシルバーにスターブライトアイアン少量を混ぜたもので塗装。
今度はいい感じになりました。
1次トップコートに移ります。

[000717]

ここで問題発生。
眠い目をこすりつつトップコートをしていたら、いつの間にかまつ毛がドアの生乾きだったコート層に密着(;´∀`)
気付いた時にはもう遅く、まつ毛が付いた部分はシルバー粒子のは反射角が変わりコンパウンドで削ってもどうにもなりません。

ということで再全塗装(;´∀`)ヒー
ドアだけだとトーンが変わる可能性が大なので、全塗装になりました。

[000735]

上手く行ったと思ったのもつかの間。

左フェンダーに色むらを発見(;´∀`)
なにか溶剤でもかぶったか、にじみ上がったか(;´∀`)

と考えても仕方がないので再々塗装(;´∀`)
勿論全塗装です。

[000768]

ようやく何とかなったので(;´∀`)
トップコートを再開。
このトップコートはデカールの密着性を良くするための下地を整える目的で行います。
トップコートが終了したら、窓枠等黒い部分の塗装を行います。

[000769]

窓枠を塗りました。

[000770]

再度マスキング。

[000771]

フロントボンネットの受け部分とサイドシルを塗装します。

[000751]

少し前後しますが、フロント部のモールドを開けたところの処理をします。
真鍮メッシュをカットしプライマー漬け。

[000773]

網目が細かいので、プライマーが網目を塞いでしまいます。
針を使ってメッシュを埋めたプライマーを取り去り、シルバーで塗装。
塗装後再度埋まっている部分を除去します。

ちなみに、プライマーはほぼメッシュ全体を埋め尽くしていたので、全部取り去るのに約半日(;´∀`)

[000774]

フロントに貼り付けます。
実際にはツライチのようですが、接着面確保の関係から裏から貼り付けとしました。

DSCF2098.jpg

デカールを貼り、タッチアップをします。

DSCF2099.jpg

忘れてました。
リアタイヤのエアスクープのモールドを削りメッシュを貼りました。

ここからまたトップコートを行います。

今回はここまで
FZR750 OW1 完成しました٩(๑´3`๑)۶
基本ストレート組みです。

IMG_3710.jpg

リアから。
マフラーのタイコ?部分は今回金属っぽくなるように頑張った部分です。
あと、ナンバープレートもトップコートしてみました。

IMG_3719.jpg

フロント側から。
ディスクも塗装を頑張ってみたところです。

IMG_3733.jpg

サイドから。
なかなかにボリュームがあって満足感があります。

IMG_3737.jpg

違う角度から。
てか、コメントが思いつかない(;´∀`)

IMG_3720.jpg

カウルを外した状態。
個人的にはこのメカが見えるショットのほうが好みだったりします。

IMG_3723.jpg

写真にしてみると、ステップ金具のカラーリングがイマイチな気がします。
確かスターブライトブラス+シルバーだったかな?
スターブライトブラスはゴールド系としては青みが強すぎるというか使いづらい感じ。

IMG_3725.jpg

シート下のボトル?はスターブライトゴールドですがこちらの方が好みの色合いですかね。

IMG_3726.jpg

とりあえず FZR750 OW1はこれで終わりです。
バイクモデルは慣れないゆえに難しさもありましたが大変面白かったです。
もう一個ぐらい連続で作ってみてもいいかな・・。

っとその前に911完成させにゃいかんです。

今回はここまで
突然ですが、完成しました(;´∀`)

最近暑さと疲れで、作るはしても記録するは億劫になっています。
なんかこう頭の中をそのまま文章にしてブログに起こしてくれるツールなんて無いかねぇ。

さて。

DSCF2050.jpg

デカールを貼り付けたカウルを仮装着。
なんというか・・タンクもそうなのですが、カウルのデカさが半端ない印象。

DSCF2055 - コピー

メーターはデカールを貼り付けた後、セメダインのハイグレード模型用を充填してレンズ代わりにしました。
ここはプラ板を丸くカットして貼り付けや、木工ボンド等考えたのですが、手元にあってシンプルに手早く出来たのが理由です。

DSCF2057.jpg

ヘッドライトはメタルシートをサイズに合わせて(直径7mm)カットし貼り付け。

DSCF2060.jpg

メータープレートを取り付け、ビニールチューブをつなげると
ヘッドライトAssyがチューブに干渉してしまうことが判明。
チューブが通る部分の穴を開けて対処することにしました。

DSCF2058.jpg

フロントブレーキホース。
サードパーティのパーツなどではプラ製のぐるぐる巻きつけるカバーがあるのですが、
お金もなく給料日前で厳しくもあり、極細ワイヤー巻き付けでごまかし(;´∀`)

DSCF2061.jpg

悩みに悩んだ末結局トップコートをすることにしました。

DSCF2065.jpg

んで、トップコートすること数日。
磨きをかけました。

DSCF2068.jpg

そういえばリアカウル組んだ時に削ったゴム部分のモールド。
手芸用のビニールコードで復活させます。

DSCF2069.jpg

サイドミラーの鏡面部分は塗装ではなくメタルシートを貼り付けました。
写真ではメタルシートにパーツを貼り付けている(;´∀`)

DSCF2070.jpg

タンク上のエア抜き?ドレンパイプ?は接続部分にバンドっぽい表現処理。

DSCF2072.jpg

カウルレスの状態。
ヘッドライトが間抜けですが、なかなか見ごたえがあります。

DSCF2073.jpg

細々としたところは残っていますがほぼ完成です。
合わせて作成日誌もこれで終わりとなります。
次回は完成写真、次次回あたりからまた911でも再開できればいいな。

今回はここまで